カバードワラントのデメリット

カバードワラントはメリットが多い分、デメリットももちろんあります。

カバードワラントのデメリットは、カバードワラント自体に時間的な価値があるために、株価が購入後に一定であればカバードワラントの価値が下落してしまうのです。



以下がカバードワラントの一番のデメリットでしょう。

満期日が決まっており、満期日以降に株価が上昇することがわかっていても強制的に売却されるところですね。

株価は同じでも買値と売値でもともと差があるため、カバードワラントを購入した時点では手数料分を取り除いてもマイナスであることもデメリットですね。


ここまでカバードワラントのデメリットを挙げてみましたが、逆にカバードワラントのメリットを見てみると、デメリットなど忘れてしまいそうです。

トップ > カバードワラント > カバードワラントのデメリット

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。